基本の基


超マジメなお話で長いです!
読めたらよろしくお読みくださいませ(^_^)


リンパの流れが悪いと老廃物が流れない
ということは聞いたことがあるでしょう
そもそもリンパとはどういうものか

以下、医師の話を基にわかりやすくまとめてみました

リンパとはどんなものですか?
リンパとは「リンパ管」という脈管に乗って
全身をリンパ液がめぐっている仕組み全般を指します

(血液が巡っている脈管が血管です)

リンパ管は基本的には血管に沿うように         全身に、網目のように張り巡らされています


人体では、さまざまな組織の細胞まで血液がめぐり「組織液」を通じて、栄養分が使用されています

その結果、今度は細胞で不要となった不純物が組織液に流れさらに組織液がリンパ管に流れ込み「リンパ液」となります
このように不要となった不純物を体の抹消から中枢部分まで運び込むといった形態をとっているのがリンパ液です

また、リンパ液内のリンパ球という成分は、免疫機構を担う大切な役割も持っています

「リンパの流れをよくする」とはどういうことですか?

「リンパの流れが良い」とは、身体の中の不純物が順調に運ばれていることです

反対に「リンパの流れが悪い」とは、体内の末梢でいらなくなった不純物とされる組織液を末梢から中枢まで運ぶことができなくなった状態です
また、リンパの流れが悪くなると、不純物が回収できないというだけでなく余分な液体成分も回収できなくなります
足や顔などのむくみにつながります
他にも免疫機構が崩れることにつながるので
感染にかかりやすくなってしまいます

いかがでしょうか?


なんとなくご自身の身体の


リンパのイメージできますでしょうか


まずはイメージしてみてください❤︎




リンパの流れがよくないと

風邪をひきやすくなったり

老廃物(不純物)が溜まって

身体が重い、ダルいといった

症状が出てくるのが

わかりますね!(◎_◎;)


長々となり読みづらかったかもしれません



ありがとうございます(^^)